人事労務ニュース
人事労務ニュース

文書作成日:2022/03/22

転職活動で約4割が求人サイトを利用

 依然としてコロナ禍が続いていますが、有効求人倍率は既に反転するなど、多くの企業の採用活動は活発化しています。そうした採用活動においては、公的機関であるハローワークを利用するほか、民間の職業紹介機関を活用する方法等、選択肢が増えていますが、企業の募集方法や求職者の転職活動の実態はどのようなものなのでしょうか。今回は2021年11月に厚生労働省が公開した「令和2年転職者実態調査の概況」の調査結果(以下、「調査結果」という)より、採用活動の現在の状況についてとり上げます。

1.転職者の募集方法
 転職者がいる事業所での転職者の募集方法をまとめたものが表1です。募集方法として利用されているもののうち、最も割合が高いのは「ハローワーク等の公的機関」で57.3%、次いで「求人サイト・求人情報専門誌、新聞、チラシ等」が43.2%となりました。そして、「縁故(知人、友人等)」や「自社のウェブサイト」、「民間の職業紹介機関」が20%台で続いています。なお、複数回答であるため、2以上の方法で募集している企業も多くあると考えられます。
 前回調査(2015年)からの増減をみると、「ハローワーク等の公的機関」が8.4%減少する一方、「自社のウェブサイト、民間の職業紹介機関」は5%以上増加しています。

表1 転職者の応募方法(複数回答) 単位:%

2.転職者の転職活動方法
 転職者の転職活動の方法をまとめると表2のとおりです。「求人サイト・求人情報専門誌・新聞・チラシ等」の39.4%がもっとも高く、「ハローワーク等の公的機関」が34.3%、「縁故(知人、友人等)」が26.8%と続いています。
 前回調査(2015年)からの増減をみると、「求人サイト・求人情報専門誌・新聞・チラシ等」が15.2%増加しました。「ハローワーク等の公的機関」は7.0%、「民間の職業紹介機関」は4.2%減少しました。1の募集方法と見比べると増減が似通っており、転職活動で利用するものが変化してきていることがわかります。

表2 転職活動の方法(複数回答) 単位:%

 転職希望者が情報収集の際、どのような企業なのか、どのような人が働いているのかを知るために、企業のホームページを閲覧することがあります。自社のホームページで情報が不足しているものがあれば、追加するなどして情報を増やし、希望する人材が採用できるよう工夫をしていきましょう。

■参考リンク
厚生労働省「令和2年転職者実態調査の概況」
https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/6-18c-r02.html


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。


CONTACT

道央社会保険労務士事務所

〒003-0006
北海道札幌市白石区東札幌
6条5丁目2-6 ヴィラ札幌307号
Tel:011-299-4307
Fax:011-299-4308
 
 

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。
メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。
受付時間:9:00〜17:00 
定休日:土曜・日曜・祝日              
初回相談までの流れ
当事務所を初めてご利用される場合のおおまかな流れとなります。
些細なお問合せでも構いませんので、お気軽にご連絡ください。
1.お問合せ
お電話又はフォーム(24時間対応可)にてお気軽にお問合せください。
2.面談日の調整
直接お会いしての面談(あるいはWEB電話)をご希望の場合、日程を調整いたします。
3.面談
お客さまのお悩みをヒアリングし、最適なサービスのご提案をいたします。
対応エリア
北海道内・道外対応可能(訪問が必要な場合は、札幌市内・道央圏に限らせていただきます)
※遠方の場合、相談・サポート業務はオンライン対応(WEB会議やMyKomon電子会議室等を活用)にて実施いたします。